医療経営情報
医療経営情報
文書作成日:2021/04/30


 医療機関等で支給される手当には、どのようなものが多いのでしょうか。ここでは、2021年1月に発表された調査結果(※)から、医療機関等(以下、医療,福祉)における各種手当の支給状況などをみていきます。




 上記調査結果から、医療,福祉の各種手当の支給状況などをまとめると、表1のとおりです。
 医療,福祉で制度有の割合が最も高いのは、勤務手当で90.3%です。次いで通勤手当などが89.4%となっています。勤務手当の中では、役付手当などが87.5%と高い状況です。
 調査産業計との比較では、特殊勤務手当などが、20ポイント以上高くなっているのが目立ちます。





 医療,福祉における制度有の手当の支給割合をまとめると、表2のとおりです。
 通勤手当などと役付手当などが90%を超えました。技能手当、技術(資格)手当なども70%を超えています。
 調査産業計との比較では、特殊勤務手当などが20ポイント以上高くなりました。






 手当の種類別に、支給した労働者1人平均支給額をまとめると表3のとおりです。
 医療,福祉では、業績手当などが最も高くなりました。支給割合の高い手当では、役付手当などが4万円を超えています。通勤手当は8,700円で1万円に満たない額となりました。




 貴院で支給している手当の状況と、比べてみてはいかがでしょうか。

(※)厚生労働省「令和2年就労条件総合調査
 日本標準産業分類に基づく16大産業を対象に、常用労働者30人以上を雇用する民営企業(医療法人等の会社組織以外の法人を含む)から抽出した企業に対する調査です。数値は2019年11月分の賃金における手当の状況です。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。


お問合せ
税理士法人 たすき会
〒910-0021
福井県福井市乾徳1-9-5
TEL:0776-21-5667
FAX:0776-21-0665
メールでのお問合せ